ジュアールティー

スポンサードリンク

ジュアールティーの茶葉であるジュアールの葉は、赤道の近くに無農薬で自生しており、1年中強い日差しが注がれるため、紫外線の影響を直接受けやすく活性酸素をたくさん作ってしまいます。 しかし、ジュアールティーの茶葉であるジュアールはアフリカの豊かな大地からビタミンCやビタミンBなどの成分をたっぷり吸収し蓄え、強い紫外線から自分を守る力を備えています。
ジュアールという名前は「太陽と大地」と言う意味で、太陽と大地からの最高の贈り物と考えられているのです。また、つばき茶とも呼ばれていますが、アフリカつばき茶と書いているお茶だけが、 無農薬茶葉100%の本物のお茶といわれています。購入する際にはその点に注意し、偽物を購入することの無いよう気を付けてください。

ジュアールティーの成分

ジュアールティー(一例)
ジュアールティー(一例)

ジュアールティーには、美容や健康に役立つといわれるポリフェノールや抗酸化成分であるポリフェノールが豊富に含まれています。特に注目したい成分が、 テアフラビン。テアフラビンはさびない力があるだけでなく、糖分が分解される過程にも働きかけるといわれています。現在、女性の方にも広くご利用いただいているジュアールティー。 その理由は、まさにジュアールティーが健康でスリムな体づくりをサポートしてくれるお茶だからなのです。

ジュアールティー100g中の成分

成分名 含有量 成分名 含有量
21.4mg/100g カルシウム 287mg/100g
ナトリウム 7.19mg/100g マグネシウム 170mg/100g
亜鉛 23.0ppm 無水カフェイン 3.4%
タンニン 15.4% 13.1ppm
マンガン 1.09ppm セレン 0.22ppm
スーパーオキシド
消去活性
110,000単位/g

※上記は一例であり、製品により異なります。

ジュアールティーの効能

ジュアールティーの人気の秘密は、紅茶に似た香りとお茶自体のおいしさ、お茶の色が美しいというところに人気があるようです。 また、ジュアールティーがダイエットやさまざまな健康維持に役立つお茶ということで、テレビや雑誌が取り上げたことにあると思われます。 主な効果は以下のようなものがあります。

  • 肥満や太りすぎを防ぐダイエット効果
  • 新陳代謝の促進、脂肪の燃焼とカロリー消費
  • 利尿作用、二日酔いの緩和、むくみ予防
  • 血液サラサラ効果、生活習慣病の予防
  • シミやしわなどの肌の老化防止やトラブル予防

ジュアールティーとポリフェノール

赤ワインに含まれていることで話題になったポリフェノールの仲間「テアフラビン」をジュアールティーはたっぷり含んでいます。 テアフラビンには摂りすぎてしまった体内の糖分を吸収し抑える働きがあります。 ジュアールティーには緑茶の135倍、赤ワインの130倍、ルイボスティーの20倍ものテアフラビンが含まれています。このほか、ジュアールティーには新陳代謝を活発にする働きがあり、 脂肪の燃焼促進、カロリーの消化作用があり肥満の解消・予防の効果が期待できます。また、ジュアールティーのカロリーはほぼ0で、カルシウム、カリウム、マンガン、マグネシウム、鉄、 ポリフェノールを含んでいるのでダイエット中の栄養摂取に最適なお茶といえるでしょう。

ジュアールティーの活性酸素除去作用

ジュアールティーには、人間の体内で発生する「活性酸素」の除去を促進する成分を持っています。活性酸素は血液の流れをドロドロにし心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病や、 シミやシワなどの肌老化の原因を作り、人の健康に悪影響をもたらしてしまうとされています。人間の体内にも活性酸素を除去する働き「SOD酵素」持っているのですが、 このSOD酵素は20歳前後をピークに減少してしまいます。加齢のためにSOD酵素が減少したということが原因で体をさびさせないようにするために、 活性酸素を除去するSOD酵素に似た作用のあるビタミンC、ビタミンB、ベータカロチン、ポリフェノールなどを、毎日のコーヒーや紅茶をジュアールティーに変えることで 手軽に毎日摂り入れることができるのです。

※上記はその効果を保証するものではありません。また、個人差があります。

ジュアールティーの飲み方

スポンサードリンク

ジュアールティーの入れ方は普段飲むお茶と同じ要領で入れて飲むことができます。パッケージの記載などをご参照下さい。
味に慣れてきたら、自分好みの濃さを探したり、はちみつやジャムを入れたり、焼酎割りなど飲み方を工夫してみると良いでしょう。また、料理やお菓子作りの材料としても使えます。 油の多い料理に、ジュアールティーの茶葉をまぜると、さっぱりとした料理になりますし、ケーキやクッキーの生地にまぜてもおいしくいただけます。

※上記は一例です。市販品の場合は説明書に従ってください。

ジュアールティーご利用上の注意

ジュアールティーには、ほかのお茶と同じくカフェインが含まれていますので、飲み過ぎには注意してください。