体の内側から葉緑素を取り入れる

スポンサードリンク

葉緑素が美容によいことは、葉緑素入り化粧品などが製品化されていることからも、特に女性の方はご存じでしょう。

この葉緑素は、文字通り植物の葉に多く含まれる成分です。お茶の場合は、葉緑素を外側から与えるのではなく、 お茶を飲むことで体の中に取り込むということになります。
この葉緑素も、製造方法によって緑茶を中心に考えられるものです。葉緑素は、玉露、抹茶、かぶせ茶に多く含まれています。

葉緑素を摂取することにより、血液が増加するとともに、色素を豊かにし、なめらかで若々しい肌をつくってくれます。

もうひとつの特徴的な作用として、肉芽組織の再生促進があげられます。外科手術の跡を消すための軟膏に葉緑素が使われていることからもわかるように、 その力は確かなものです。微量に具くまれている成分ですので、目に見えるほどの効果があるわけではないにしても、通常の飲み方と違う漢方的な用い方をすれば、 粘膜の弱くなる潰瘍や鼻炎などにも良く働きます。

スポンサードリンク