タンポポ茶

スポンサードリンク

タンポポ茶とは、タンポポの根を煎じてお茶にしたものです。タンポポ茶のエキスは胃を丈夫にする働きがあるとされ、強壮効果があると言われています。 タンポポ茶は西欧では薬用として利尿剤や健胃薬につかわれています。また、タンポポは、花もふくめて食用にされ、ヨーロッパでは葉をサラダやスープに入れて食していましたし、 日本でも古くは母乳の出をよくする催乳作用があるとされ薬用にも用いられてきました。
近年、このタンポポが見直されて、コーヒー・サプリメント・ハチミツ等々いろいろに加工・利用されるようになってきました。 一般的に利用されているのがタンポポ茶である。血糖値を下げたり、一部制がん作用があることも研究により明らかにされてきています。

タンポポ茶の成分

タンポポ茶(一例)
タンポポ茶(一例)

タンポポの主な成分は、カルシウム、リン酸、ビタミンA,B1,Cなどが含まれています。体を温め、血行を促進、浄血、利尿、ホルモン分泌促進、解熱などに良いとされています。 また、母乳の分泌を高めることから授乳中のお母さんにも人気があります。


タンポポ茶の有効成分・タンポポT-1とは?

タンポポ茶ショウキT-1に含まれるタンポポT-1エキスは、良質のたんぽぽの葉50kgから、1gしか採れない大変貴重な特殊成分です。 ショウキT-1は、天然成分由来なので赤ちゃん、妊婦の方でも安心してお飲みいただけます。現在、全国の病院が次々にタンポポT-1エキスの採用を始めています。

タンポポT-1の特徴

  • 天然なので副作用がなく、しかも高い効果はすでに実証済み。
  • 毛細血管血液循環量の増加作用があります。
  • 抗C型肝炎ウイルス作用があります。
  • 胆汁分泌促進作用があります。
  • 利尿作用があります。

健康茶タンポポT-1は不妊症にも効果が…

タンポポT-1が持つ

  • 毛細血管における血液循環を促進
  • 活性酸素を除去
  • 下垂体の性腺刺激ホルモンLH、FSHの分泌を促進

の各効果により

  • 卵胞の発育を促進する
  • 卵子の質を改善する
  • 子宮内膜の血液循環を改善する
  • 内膜の質を良くする

事により妊娠率が上がることが明らかになっています。
不妊症治療を受けた患者は、タンポポT−1を併用してから排卵誘発剤による体の不快感がなくなり、高温期の体温が高くなり、高温期の期間が長くなります。 排卵期の下り物も増えます。また、男性不妊に対しても精子の数・運動量の増加が期待できます。

タンポポ茶の効能

タンポポを薬用に使った歴史は長く、中国では 2,000年前から薬用に使われて来ました。
タンポポは生薬名で “蒲公英”といい、薬効は主に根にあります。衰弱して気運がなく、顔色が蒼白で体が冷たい虚症体質より、 血色が良くて体格がよく便泌がちの実症体質により効果があるようです。
タンポポ茶には、炎症を抑える効能や、解毒をする効能があって、炎症を抑制してやけど、にきび等に効果が認められます。漢方では、胃や肝臓の病気は、 臓器に強い熱が生じて起きると見るために、タンポポにはこの熱を抑制する作用があって、胃炎、便泌、食道炎、甲状腺機能昂進症、結膜炎等を押さえる効能があると言われています。 また、先にも記したように、有効成分タンポポT-1には、私たちの健康維持・改善に役立っています。

タンポポ茶はこんな方におすすめします。

不妊症・生理不順などの婦人疾患に

脳下垂体を安定させることで、性ホルモンのバランスを整え、生理周期を整えます。また、子宮内の毛細血管運動を活発にすることで、 下腹部の冷えをも取り去ります。また、脳下垂体を直接活性化し、ホルモン分泌を促進します。脳下垂体を刺激することで、血液循環が改善し、 血液がスムーズに流れるようになり、生理不順を解消します。さらに、卵子が大きく成長し、精子の運動量・数が上昇します。この結果、より妊娠がしやすい体になります。

緑内障の方

緑内障の発症には、眼圧以外に視神経乳頭部の循環障害が重要な因子だとの報告がありますが、この循環障害を惹起する因子としてET-1(エンドセリン− 1)が注目されています。
タンポポT-1を経口投与するとET-1を抑制し、眼圧が下がり、眼底血流を改善することが確認されています。

C型肝炎などの肝障害をお持ちの方

肝炎ウイルス、癌細胞の増殖を抑える作用があります。肝臓などの臓器を保護しながらウイルス活性を抑制します。

血圧・血糖値が気になる方

タンポポT−1は体内の水分代謝を活発にし、良い尿を排泄します。また、ホルモンのバランスを整えることで血糖値を正常にすることが期待できます。

アトピーなどのアレルギーでお悩みの方に

タンポポは昔から、利尿作用による解毒作用があると伝えられて来ました。体内の毒素を活発に排泄することで、体にこもる熱を冷ます効果があります。

※上記はその効果を保証するものではありません。また、個人差があります。

タンポポ茶の飲み方

スポンサードリンク

タンポポ茶はほかのハーブティーと同じ入れ方をする方法で土臭く苦味がある黄色いお茶と、根だけ炒ってフィルターでこして飲むタンポポコーヒーというお茶で、 ノンカフェインなのに香ばしく、コーヒーのような色と味が特徴の2種類があります。
ここではタンポポコーヒーの作り方をご紹介しましょう。

  1. 炒った根をミキサーで少し粒が残るくらいになるまでパウダー状にします。
  2. 再びフライパンで炒ります。
  3. この作業を3回ほど繰り返しサラサラのパウダー状に仕上げます。

全体の流れでおよそ20分ほど、ゆっくりと時間をかけて行いましょう。
パウダー状になったタンポポの根を、ティーカップ1杯に対し5gほどフィルターでこしてお茶を入れましょう。タンポポコーヒーの完成です。