柿の葉茶

スポンサードリンク

カキノキ科。柿は日本の代表的な果実ですが、原産は中国揚子江沿岸で、古来から中国では、柿を漢方薬として使用していました。日本でも、柿は全国の山地や野原に自生し、栽培もされています。柿の葉は昔から健康茶として利用されてきました。柿は中国伝来の原種が日本で独特の果樹に改良されたものです。柿の葉にはビタミンCをが豊富に含み、フラボノイドも含まれています。柿の葉茶は5〜6月、または6月〜10月(ビタミンCが多く含まれる時期)の緑色の葉が柿の葉茶として使用されます。

柿の葉茶の成分

柿の葉茶の原料である柿の葉は昔から健康茶として利用されてきました。柿は中国伝来の原種が日本で独特の果樹に改良されたものです。柿の葉にはビタミンCをが豊富に含み、フラボノイドも含まれています。

柿の葉茶の有効成分

ビタミンC、タンニン、ケンフェロール、クエルセチン(葉の他にも、ヘタ・実にも多くの栄養素が含まれています。)

柿の葉茶のプロ・ビタミンC

柿の葉茶
柿の葉茶

柿の葉茶のビタミンCはおよそレモンの20倍も含まれています。 柿の葉茶のビタミンCは加熱しても壊れないプロ・ビタミンCです。果物や野菜のビタミンCは体内に吸収される前に壊れやすいデリケートな成分です。 加熱に弱く刃物を入れる調理過程でも多くが失われます。
柿の葉茶のビタミンVは吸収された後、体内でCに変わるビタミンVの前駆物質プロ・ビタミンVですから煎じてもポットの熱湯を注しても壊れることがありません。 言い伝えに宵越しのお茶は飲むなとありますが、緑茶は一煎目に有効成分の殆どが溶出し、二煎目は腸を収縮させ便秘の原因にもなります。 先人の智慧には意味があります。柿の葉茶は一煎目にビタミンVが多く出、二煎目三煎目にビタミンCの働きを助け血管を丈夫にするビタミンPが多く溶出されます。 また、保存にも適しています。

柿の葉茶の効能

柿の葉茶の代表的な効能として以下のようなものがあります。

血圧降下作用、悪玉コレステロールの排泄、利尿、止血作用、動脈硬化、心臓病、肌荒れ

柿の葉茶の殺菌作用

レモンの約20倍ものビタミンCが含まれている柿の葉茶を常飲すると、風邪をひかなくなります。ビタミンCは、ウイルスに対抗する免疫力を強くする働きがあり、 風邪ウイルスの増殖を防ぎます。しかも柿の葉のビタミンCは、ビタミンになる前の安定した状態の「プロ・ビタミン」なので熱に強く、体内でビタミンCに変わります。
ビタミンCの役割はとても多く、ビタミンの中で最も多様で重要な役割を担っています。コラーゲンの合成、活性酸素の消去(老化・酸化防止)、ビタミンEの再生(抗ガン)、 ウイルスに対する免疫力の強化、ホルモンの活性、貧血の改善、メラニン色素の分解、悪玉コレステロールの減少、疲労回復、酒毒の分解、高血圧の改善、止血、傷の回復、 抗アレルギー、などです。中でも「止血作用」が非常に強く、薬剤のビタミンCが効かない歯茎の出血も、柿の葉茶を飲むと数日で止まります。 柿の葉茶が眼底出血の特効薬として使われるのも天然ビタミンCの威力です。ビタミンCに加えて、血圧上昇を防ぐフラボノイドが含まれているので、高血圧も効果があるようです。
柿の葉には強い殺菌作用もあり、柿の葉で歯を磨くと歯槽膿漏が治ると昔から言われています。柿の葉茶にして飲むと、虫歯の予防や口内炎にも効きます。
「コラーゲンの合成」も重要な働きです。ビタミンCをしっかり補給すると、肌が美しくなるのは、その働きによるものです。コラーゲンが十分に補給されると、骨も強くなります。 活性酸素に対抗する「抗酸化作用」、老化防止、抗ガンの働きも非常に重要です。

※上記はその効果を保証するものではありません。また、個人差があります。

柿の葉茶の飲み方

以下の方法は単なる一例です。市販品の場合は、パッケージや説明書等に記載されている内容もご確認いただくことをお願いいたします。

柿の葉茶の入れ方

  1. あらかじめ温めた急須にやや多めの柿の葉茶をいます。
  2. 60〜70度の白湯を注ぎ10分ほど置いてからいただきます。
  3. 一煎目にビタミンCが抽出され二煎目にビタミンPが出てきますので色が出る間は数回お召し上がれます。

煎じ出す場合は、お好みにもよりますが

  1. 1リットルの水に5g程度をいれ火にかける。
  2. 沸騰したら弱火にし3分から5分で火を止め直ぐに冷やします。
  3. 一煎目にビタミンCが抽出され二煎目にビタミンPが出てきますので色が出る間は数回お召し上がれます。

金属の薬缶は酸化が早くなりますので早めに移し変えてください。放置しますと成分が葉に戻る場合がありますので手早く移し変えてください。 煎じ過ぎると苦味が出ます。柿の葉を多くし濃い目に煮だして氷にしますと2〜3ヶ月間保存が利きます。夏場は冷たくてもよいのですが 冬場は身体を冷やさないよう湯を足し温めてお飲み下さい。

スポンサードリンク

ビタミンCが多いことで知られ、熱に強いプロビタミンCという形で含まれています。柿の葉は奈良名産の「柿の葉寿司」でも利用され、 鮮度保持、腐敗防止に役立っています。柿の葉茶はやや苦渋い味が特徴です。身体を冷やす作用があるので、身体が冷えやすい方は温かいものをお飲み下さい。


柿の葉茶ご利用上の注意

柿の葉茶の副作用については今のところはっきりとしていません。柿の葉茶は昔からあるものですからそんなに心配はないと思われます。